家族葬にはどの範囲まで声をかけるべきか

お葬式時にはどの範囲まで呼ぶべきか迷うものです。家族葬も例外ではなく、家族葬という言葉の響きから家族だけで送ると思われがちですが、特に決まりはないのが実情です。そのため、家族それぞれの考えに基づいて決めても問題ありません。例えば、最期は家族だけで過ごしたいと考えるのなら、親族は呼ばず本当に家族だけで行うのが良いでしょう。家族ぐるみの付き合いの人にも一緒に故人を偲んでほしいのであれば、生前親しかった親族や知人にまで声をかけても構いません。家族葬とは、家族が参列者を決めても良いお葬式と言えます。

家族が決めるとは言え、呼ぶべきかどうか判断に迷う人がいるかもしれません。そういったケースでは、故人の立場で考えて最期に会いたいかを基準に考えます。それでも迷うようなら、後々のことを考えて声をかけておきましょう。後になってから、呼ばなかったことに起因するトラブルにもなりかねません。案内しなかった理由を説明できる自信がなければ呼んでおくのが無難です。

声をかける際のマナーとして、家族葬に呼ばない人には案内を控えることも大切です。一般的に、家族葬とは家族で行うお葬式と認識されています。そのため、呼ばない人に家族葬の案内をすると、案内があったのだから行くべきか、それとも家族葬だから辞退すべきかと不必要に迷わせる結果となるでしょう。呼ばない人に対しては、お葬式が終わった後に、家族葬として身内だけで送り出したと手紙で報告するのが一般的です。

逆に、案内された場合のマナーも知っておきましょう。前述のように、家族葬とは参列してほしい人にだけ案内をします。もし何らかの事情で逝去を知ったとしても、案内がなければ参列を控えるのがマナーです。案内があっても、故人の意思で参列を辞退する旨の文言があれば控えておきます。家族葬の案内があり、お葬式の日付と場所が記されている場合は判断に迷うところです。この場合は家族に直接確認することをおすすめします。案内する側も受け取る側も、それぞれが気遣って配慮することが何より大切だと言えます。